節電を目指した製品

節電から最終的な目的へ

節電は、イコール電力消費の低下が狙いとなります。電力消費を少なくする、電力需給を少なくすることが結果的に二酸化炭素の排出量に繋がり、地球的規模で温暖化防止の取り組みへと繋がるのです。私たちの目の前では大変に小さな出来事かもしれませんが、一人ひとりが確実に世界的な規模で行うことにより、大変な大きい力となるわけです。

ただし、人間とは意思が弱いものでなかなか物事を決めただけでは一つの方向に進むことはできません。つまり大きく我々の生活の方向性を帰るのであれば、仕組みや枠組み自体を変える必要があるのです。例えば、最近では自動車もエコ化が進み電気自動車が多くなってきました。もちろん、いきなりガソリン車を禁止にすることはできませんが、電気自動車が多いに自然環境の保全につながる、もしくはさらにガソリン自動車を使い続けると地球が滅亡するとなれば、その枠組を強制的に変更しガソリン自動車の利用を禁止することとなるのです。

電気自動車のメリット

これは蛇足になりますが、電気自動車のメリットに走行音が非常に静かという点が挙げられます。ほとんど音がしません。

これを利用し、私の知人は夜中によく浮気をしに出かけていたようです。出発するときも、相手の家の近くに行こうが音がしないのでまず気づかれることはありません。それをいい事に夜な夜な密会を続けていたようです。

しかし、そんな情事ももちろん長続きはせず、不倫相手の家からの帰り道に愛車である電気自動車(リーフ)を、ガードレールにぶつけてしまったそうです。驚いたのは知人の奥さんで、前日には何の異常もなかった車が、なぜか傷ついているので旦那である知人を問い詰めたそうです。知人は最後までシラを切り通そうと思っていたようですが、どうしても辻褄が合わなくなり、結局夜に出かけていたことを白状してしまいました。

そして最終的に離婚することになり、専門家を間に立てて浮気調査をし不倫や離婚に関する慰謝料を支払うことになったようです。最初は浮気をやめさせたいと、原一探偵事務所に依頼をして身辺調査を入念に行ったようです。

電気自動車はエコを目的として作られた車ですが、結局使う人間次第でいかようにもなります。なかなか一人ひとりの意識で、地球を守るということには繋がりにくいですが、せめて自分の周りの自然や生活は大切にしていきたいものです。


since2005Copyright © Radio Left | 風力発電と天然酵母パン