パンづくりの手順やオーブンについて

白神こだま酵母を使った食パン

白神こだま酵母にひとつまみの砂糖を入れ溶いて20分程度おきます。ぬるま湯と合わせたほうが溶けやすくなります。ボウルに強力粉200グラム、牛乳6グラム、塩1/2、砂糖15グラム、バター10グラムを入れて、最初に作った酵母を入れます。

手でよく混ぜて練上がって形ができるようになったら台の上に取り出します。台の上でこねて伸ばして、生地がきれいに整ってきたら丸めてボウルに戻し、濡れた布巾をかぶせて一次発酵させます。

生地が二倍くらいに膨らんだら取り出して強く押したりし、ガス抜きをします。生地を3つに分けて型に入れ、さらに30分~1時間発酵させます。180度のオーブンで30分程度焼きあげて完成です。

ホシノ天然酵母を使ったパン作り

まず生種をおこします。容器に30度の水を100グラム入れ、 ホシノ天然酵母パン種を少しずつ振りいれて完全に混ぜていきます。その後温度を30度に保って24時間おいておきます。生種の表面が落ち着いてきたら完成です。保存する場合はフタをして冷蔵庫に入れておきます。

ボウルに強力粉250グラム、生種、砂糖15グラム、塩4グラム、水140グラムを入れ生地を握るようにこねていきます。ある程度練上がったら台に移し、手のひらで押しつけるようにさらに練りあげて生地をまとめていきます。

なめらかに練上がったら、生地を丸めてボウルに戻して濡れた布巾などをかぶせてしばらくおいておきます。30度の温度で5~6時間おいて生地が2倍に膨らませます。

その後お好みの大きさに切り分け、しっかりと中のガスを抜きながら形を整えます。クッキングシートを敷いた天板に載せ、上から濡れた布巾をかぶせてさらに60分発酵させます。

220度に余熱したオーブンで25分焼きあげて完成です。


since2005Copyright © Radio Left | 風力発電と天然酵母パン