天然酵母入りのパンと普通のパンの違いって?

発酵をさせるためのイースト菌を天然酵母に変えるので、その味わいや深みも大きく変わってきます。また食感も酵母によって変わってきますので、ぜひいろいろな酵母を使ったパンを食べ比べて見て下さい。

天然酵母パンの特徴

天然酵母は発酵に時間と手間がかかり、また状態も安定したものでは無いため扱いが非常に難しいものです。ちょっとした変化で酵母の活動バランスが崩れるため出来上がりのパンに味ムラができてしまうことがあります。

きちんとした温度や湿度などの環境管理があって、初めておいしい天然酵母パンが焼きあがるわけです。生地の発酵具合の見極めが非常に重要になってくるのです。

今ではホームベーカリーで天然酵母メニューを備えた機種も多くなっていますので、興味ある人はホームベーカリーの価格を比較して購入を検討してはいかがでしょうか。

パンの表面にも旨みが

いわゆるパンの皮に旨みが凝縮されて固めに仕上がるのですが、子どもにとっては少し苦手な固さかもしれません。ただ純粋に天然酵母パンの味が分かる、普通の菓子パンをあまり食べない子どもほど逆に好んで食べる傾向もみられます。

やはり自然の風味に近いほうが、より小さな子どもほどその自然の味わいが分かるのかもしれません。


since2005Copyright © Radio Left | 風力発電と天然酵母パン